続けやすくなる!青汁が飲みやすくなる飲み方とは?

こんにちは。

前回の記事では「一人暮らしの女性に青汁がおすすめ」と紹介しましたが、今回も青汁についてお話さいます。

栄養豊富な青汁は、野菜不足の人にピッタリの飲み物になります。

しかし、基本青汁は飲みにくく、毎日飲むのがキツイという方もいるかと思います。そのような方におすすめなのが、青汁の飲み方を工夫することになります。

それでは、どのような飲み方があるのでしょうか?

青汁とフルーツジュースを混ぜる

「野菜不足を解消するために青汁を毎日飲みたいが、青汁の苦みが苦手」という方におすすめな飲み方が、青汁にフルーツジュースを混ぜる飲み方になります。

フルーツジュースの甘さをプラスすることにより、青汁の苦みや青汁特有の青臭さが気にならなくなります。

オレンジジュースやリンゴジュースなど、基本どのフルールにも合うので、自分が好きなフルーツジュースを混ぜると良いでしょう。酸味の強いフルーツだと爽やかでさっぱりした青汁になります。

青汁と牛乳を混ぜる

青汁の飲み方として定番なのが、青汁と牛乳を混ぜたものになります。

牛乳によって青汁特有の苦みや臭みが緩和し、例えるなら抹茶ミルクのような感じになります。ですが、子供にとっては、それでも飲みにくい場合があります。そのような場合は、青汁と牛乳を混ぜたものに蜂蜜を加えると良いでしょう。

甘さが加わることにより子供でも飲みやすくなります。

青汁には、ビタミンや食物繊維、ミネラルなどが豊富に含まれていますが、牛乳をプラスすることによりカルシウムやタンパク質は更に増え、骨を丈夫にしたり、筋肉を作ったり、子供の成長などに役立ちます。

青汁と豆乳を混ぜる

太るのが気になる方やダイエットをしている方におすすめなのが、青汁と豆乳を混ぜる飲み方になります。

青汁と豆乳、どちらも個性の強い飲み物ですが、その二つが合わさることにより苦味が減って飲みやすくなります。

豆乳は大豆製品なので、大豆イソフラボンが豊富に含まれています。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、女性にとっては嬉しいことになります。

また、豆乳には大豆サポニンが含まれており、その成分には脂肪燃焼を高める効果や、糖質や脂質の吸収を抑制する効果などが期待できるのでダイエットに役立ちます。

青汁にヨーグルトを混ぜる

乳製品であるヨーグルトも青汁と相性が良いものになります。

ヨーグルトの爽やかな酸味やマイルドさは、青汁の青臭さや苦味を緩和してくれます。また、牛乳と同じく、タンパク質やカルシウムを高めることができます。そのため、成長期である子供にピッタリのものとなります。

また、ヨーグルトには腸内環境を整える働きがあるので、便秘で悩んでいる方に最適なものとなります。

まとめ

青汁は薬ではないので即効性はありません。

そのため、毎日続けることが大切ですが、青汁が苦手で毎日続けることが難しいという方は多くいます。
そのような方は、甘さを足したりして飲み方を工夫すれば飲みやすくなり、美味しく飲むことも可能となります。

美味しく飲むことができれば青汁が続けやすくなるため、健康に繋がります。